最先端のeラーニングで 人材育成を効率良く行なう

最先端のeラーニングで 人材育成を効率良く行なう

様々なアウトソーシング例

マンション

近年では社宅における従業員の不満や企業コストなどを解消する目的で、社宅代行というアウトソーシングを行う企業が増えています。社宅代行を請け負う業者では、依頼企業が保有する不動産や一般の賃貸物件を使い、賃貸業務で生じる負担や手続き、データ更新などを担当しています。

More Detail

最終目標を達成する基本

オフィス

売上や利益を向上させることが企業の最終的な目標となります。これを達成するには企業の主役でもある社員のモチベーションが必須となります。これを測る指標として組織サーベイがあります。様々な軸からモチベーション状況を把握するのです。

More Detail

研修制度は変化しつつある

説明

好きな時間に学習できる

人材育成の観点では研修は必須になります。特にスキルに関する研修は実務とともに受講すべき要素になっています。研修の項目も細分化され単元ごとに受講することが多くなっています。最近では、研修を人材育成の柱にしている会社もあり、研修受講が出世の必要要件となっている場合もあります。しかし数多く開催される研修はコストがかかります。そのため最近ではeラーニングシステムを上手に取り入れている会社が増加しています。eラーニングはインターネットを使用した学習方法ですが、これ以外にもビデオ学習なども取り入れ講師を準備せずに研修を受講できるようになっています。このメリットは自分の好きな時間に受講することができることです。

学習アドバイザー

しかし一歩的に説明を行い学習を進めるeラーニングやビデオ学習は質問ができずわからないことがあってもそのまま進んでしまう可能性があります。学習意欲の低下にもつながる恐れがあるのです。これではせっかくの研修制度を準備しても人材育成につながらなくなってしまいます。そのためeラーニングやビデオ学習においても質問を簡単にすることができる仕組みが人気になっています。学習アドバイザーなど学習者を支援する人がいるのです。講師を立てるよりコストは安く済ませることができるため、学習アドバイザーを立てる会社も増加しています。人材育成の面では、研修以外の悩みや不安などの相談にも応じることができるのが特徴になっています。

保育施設の設置

保育士

企業がイメージアップや人材の流出を防ぐ手段として、企業内保育の設置がある。企業内保育により、従業員の負担が軽減されたり離職を防ぐことも可能になる。これらの設置では、専門の業者に委託して行うことが最適である。

More Detail