最終目標を達成する基本|最先端のeラーニングで 人材育成を効率良く行なう

最先端のeラーニングで 人材育成を効率良く行なう

最終目標を達成する基本

オフィス

モチベーション状況の把握

売上を拡大する事や利益を最大限に高めることは企業としての使命になります。そしてこれらは顧客満足度を向上しなければ実現させることはできません。顧客満足度の向上のためには、会社の主役である社員の力が必要になります。社員の力を最大限に発揮することによって顧客満足度につながります。社員の力を最大限に引き出すためには、社員の満足度が必要になります。社員のモチベーションが高い状態でなければこれを実現させることができないのです。そのため活動の主役の社員の満足度を高める工夫が必要になります。これが組織サーベイです。一丸になって経営目標を達成する風土が出来上がれば、必然的にそれに実績は伴います。組織サーベイの考え方の基本はここにあります。

様々な軸から計測

組織サーベイは、正しく機能する組織になっているのかと、整腸を妨げる要因はないのかの二つの視点で確認します。経営え理念の浸透度や人間関係の問題、そして仕事に対する達成感の状況などです。小さな企業であれば、経営層がすべてを見て確認することが可能です。しかし組織が大きくなると全体を一目で把握することはできません。そのため組織サーベイなどの手法を取り入れて組織の状況を診断することが必要になるのです。これには、多数の軸があります。経営理念の浸透度に加え、管理者のマネジメント状況、職場環境について、仕事の品質について、充実度について、昇進や配置について、賃金や評価について、そして人材育成の仕組みについてなどです。