様々なアウトソーシング例|最先端のeラーニングで 人材育成を効率良く行なう

最先端のeラーニングで 人材育成を効率良く行なう

様々なアウトソーシング例

マンション

様々な社内業務において、自社内での扱いだけで無くアウトソーシングを活用するケースが増えています。その中で現在、その1例にもなっているのが社宅代行とされています。元々社宅とは、企業が自社社員に対する福利厚生の一環として、自社が管理する不動産を貸し出す仕組みやその不動産自体を指した言葉として定着していました。しかしその特徴上、身近に同僚が居る事による従業員のプライベートが失われる不満も挙げられていました。更に企業側にも管理コスト見直しといった動きがあり、社宅を保持し続ける負担が増加していた背景がありました。そこでそれらの欠点を解消し、効率的な社宅管理業務をアウトソーシングによって任せる狙いを持って誕生したのが社宅代行となっています。この方法であれば、社宅を必要とする従業員が居た時だけに、入居や不動産割り当てを行う事が可能となります。

こうした社宅代行と呼べるサービスは、主に建築や住宅設備管理を行う業者の付帯サービスとして提供されるケースが増えています。これらの業者は依頼した企業が持つ不動産を管理する他、別の賃貸物件を借り上げて依頼企業の従業員に割り当てるケースにも対応しています。社宅代行サービスでは従来、社内の人事部が行っていた賃貸契約に関する手続きの他、入居時に必要となる各種公的機関への提出書類の作成を行うケースが挙げられます。また現在では、入退去で生じる従業員データの更新や、出張や入居者のニーズに合わせた物件や家具を工面するサービスを提供している例も挙げられます。あるいは賃貸や近隣住民との間でのトラブル対応を含めている例もあります。社宅代行サービスを検討する場合は、必要となる社宅の数やエリア、物件のタイプや料金・評判などを踏まえて検討する事が必要となっています。