保育施設の設置|最先端のeラーニングで 人材育成を効率良く行なう

最先端のeラーニングで 人材育成を効率良く行なう

保育施設の設置

保育士

待機児童の問題により、働きたくても働けないケースが増えている。保育園が見つからず働けなくなる場合、その従業員にとっては死活問題となりかねないことであるが、企業にとっても大きな損害となることがある。企業は社員にコストを掛けて育成を行っていくが、出産後に職場復帰ができなくなる場合、その人材を失ってしまうことになるためである。これらの企業と従業員にとっての損失を減らすためのものとして、企業内保育がある。企業内保育は、会社内に保育施設を設けるものである。企業内保育を行う場合、その施設を設置する必要があり、多くのコストを要することが企業にとってネックとなることがある。これらについては、他の企業との共同運営などの手段もある。

企業内保育を行う場合、社員にとっては職場内やもしくはその近くで子供を預けることができるため、安心感が高くなる。保育園が遠い場合、時短の取得などにより勤務時間が制限されてしまうが、職場内に保育施設があることで、これらの問題を解決できる。また、企業内保育ではその企業で働く人を主に対象として子供を預かるため、待機児童の問題を回避できるということがある。一方の企業にとっては、イメージアップや社員の離職防止につなげることができる。企業内保育では、それらを専門に運用する業者があるため、これらの活用が効果的である。通常の企業では保育に関する知識などは無いため、業者を活用することで、手軽に導入することが可能になる。